HOME>ホットトピックス>マンション投資だからこそできる「区分所有」という投資法

初心者向けにはぴったりの方法

不動産投資の一つである「マンション投資」。このマンション投資には、アパート投資との大きな違いがあります。それは区分所有で投資ができるということです。アパートでは一棟まるごと購入するしか方法がありませんが、ワンルームマンション投資では部屋の一つを購入して、他人に貸すという方法が可能なのです。この投資法のメリットは、区分所有であれば丸ごとマンションを購入するわけではありませんから、小さな金額から投資ができるという点にあります。不動産投資は大きなお金が必要である場合が多く、そのほとんどを金融機関からの融資で賄います。ところが区分所有であれば、現金での購入も可能な場合があります。

ワンルームの場合には立地に注目を

ワンルームマンションの場合であれば、現金買い出来る可能性がさらに高まります。不動産投資の初心者で、一棟物件の購入を躊躇してしまうような場合であれば、ワンルームマンション投資がスタートラインになる可能性があります。投資は小さく始めたほうがよいといわれており、これならばその名の通りの投資ができます。ただし、ワンルームマンション投資の場合には、注意点もあります。それは地域によっては供給過剰の場所があるということです。いくら現金で購入できた場合であっても、入居者が入らなければ意味がありません。できれば都心の駅近の物件のような需要のある地域のものを購入したいものです。

広告募集中