HOME>注目記事>ワンルームマンションへの投資ってどんな仕組みなのか

どんなシステムになっているのだろうか

住宅模型とお金

ワンルームマンションは一人暮らしの会社員や学生などが多く借りている物件で、昨今ではこうしたワンルームマンションを投資を目的に購入する人も増えています。都心のワンルームマンションはローリスクと言われ、ワンルームマンション投資を行っている会社の募集などに応募して始めるシステムになっています。また、個人で始める人もおり、人気が出そうな物件を探して購入し、賃料を得ることを目的として不動産会社で家を借りたい人などに貸し出します。賃料を設定して、毎月の家賃収入を得、購入時のローンを返済するという仕組みです。ワンルームマンション投資を行うと、物件オーナーになることになりますが、物件管理は大変ですので初めから物件管理もついている専門会社の投資を利用するほうが負担感が少ないです。

ルールがある

男性

ワンルームマンション投資を行う場合、投資を行う場所の条例などについても知っておく必要があります。例えば、東京都では「賃貸住宅紛争防止条例があり、物件のオーナーが物件に必要とされる維持管理や修繕費用を負担することが原則とされています。例えば、壁紙は入居期間が長いほど劣化していきますが、これらの費用負担はオーナーになります。こうしたルールなどを事前に確認した上で、マンション投資を始める必要があります。

専門会社を活用する方法もある

家族

初めてマンション投資を行う場合、様々な点で戸惑うことも多いと言え、ワンルームマンション投資には他の投資と同じようにリスクもあります。物件を購入して投資を行っても、収支がプラスになることが保証されているわけではなく、マイナスとなる場合もあります。そうしたことも含め、マンションの維持管理面もきちんと行っていく必要がありますし、慣れないうちは専門会社を活用して投資を行うという方法も一つと言えます。

広告募集中